HDR-PJ590 水没ビデオカメラデータ復旧レポート

HDR-PJ590 故障 データ復旧

宮城県仙台市の個人様よりソニー製ハンディカム HDR-PJ590故障品よりデータ復旧のご依頼を頂きました。落下による損傷で電源を入れると液晶パネルの画像が乱れて操作不可能の状態でした。過去にも同様のケースからの復旧実績がありますので今回もデータ復旧できる可能性は高いと思われます。

今回データ復旧作業を行うデジタルビデオカメラの仕様

HDR-PJ590 液晶が乱れる

メーカーSONY(ソニー)Handycam
型式HDR-PJ590V
製造年2012年
データ保存媒体内蔵メモリ
容量(内蔵メモリチップ品番)64GB

症状

電源は入るが液晶画面が乱れ操作不能の状態。

診断結果

液晶パネル関係の損傷で内蔵メモリ部分に影響は無い様子です。分解してデータの回収が可能と判断します。

処置

  1. ビデオカメラを分解し内蔵メモリアッセンブリを取り出し
  2. メモリより映像及び写真データを回収
  3. 取り出し容量約42GBをブルーレイ編集
  4. 再生チェック良好

結果

全データを取り出しすることができました。ブルーレイ3枚に編集完了。綺麗な映像で取り出すことができました。

修理費用

19,800円(税別)

その他

大切なお子様のデータということでお電話口でも「なんとか無事救出を」とお話頂きました。無事回収できてほっと一安心でした。成長記録で大切な映像です。バックアップは細かく取られる事をお奨めいたします。落下による損傷などビデオカメラが壊れてしまって中のデータが取り出せない場合はご連絡下さい。

このページをご覧になった方へ

SONY製デジタルビデオカメラ HDR-PJ590は販売台数も多くたくさんの方が使っているビデオカメラだと思います。そのHDR-PJ590が故障した場合、メーカーでは修理する事はできても中の映像データを取り出すことはできません。故障で修理の前にぜひ弊社にて大切な映像データの回収を行ってください。無くしたと思った大切な思い出を回収致します。

お問い合わせ

有限会社アンサーポイント

フリーダイヤル 0120-973-900 (午前9時~午後7時受付)

〒023-0066岩手県奥州市水沢区前田袋101-1