Canon ivis HF S11 故障分解済みのビデオカメラより映像救出依頼:和歌山県新宮市

HF S11 故障ビデオカメラデータ復旧レポート

Canon ivis HF S11 解体品よりデータ復旧

和歌山県新宮市の法人様よりCanon社製デジタルビデオカメラ ivis HF S11 故障品よりデータ復旧のご依頼を頂きました。故障してなんとかデータを取り出そうと本体を分解して見たが復旧できず、ということで弊社にご依頼いただきました。分解していてもご安心下さい。アンサーポイントにてデータの回収は可能です。上記画像の様な状態で発送して頂きました。

今回データ復旧作業を行うデジタルビデオカメラの仕様

メーカー Canon(キヤノン)
型式 HF S11
製造年 2010年
データ保存媒体 内蔵メモリ
容量 64GB

症状

HF S11 分解

 

故障して分解したがデータが読み取れない状態。組み立て不能。

診断結果

内蔵メモリ部分には損傷は見受けられませんでした。

処置

  1. ビデオカメラを分解し内蔵メモリアッセンブリを取り出し
  2. メモリより映像及び写真データを回収
  3. 取り出し容量約54GBをブルーレイ編集 計3枚作成
  4. 取り出したパソコン用データをUSBメモリに格納
  5. 動作チェック良好

結果

全データを取り出しすることができました。ブルーレイ3枚に編集完了。元データの回収もご依頼頂きましたのでUSBメモリに転送します。

修理費用

25,800円(税別)

※ブルーレイ編集のみの場合は19,800円(税別)となります。今回はブルーレイ編集に加え原本データ(パソコン用データ)も引渡しの為上記金額となります。データはUSBメモリに格納してご返送となります。

その他

かなり分解された状態でしたが必要箇所はメモリASSYのみですので大丈夫です。圧力がかかって本体が壊れていてもメモリ部分が無事であればデータ回収は可能です。メーカー修理不可能と判定されても諦めずにアンサーポイントへご相談下さい。

このページをご覧になった方へ

バラバラに壊れた状態からもビデオカメラの映像データを取り出すことは可能です。技術ももちろんの事価格も国内一を目指しています。お困りの場合は弊社受付電話 0120-973-900 までご相談下さい。個人様からのご依頼はもちろんの事、会社、学校、官公庁等からもご依頼いただいております。Canon製ビデオカメラivisのデータ復旧は故障も水没もお任せ下さい。

お問い合わせ

有限会社アンサーポイント

フリーダイヤル 0120-973-900 (午前9時~午後7時受付)

〒023-0066岩手県奥州